放課後等デイサービス と エコ生活

全介助が必要な子どもが来る施設(放課後等デイサービス)を辞めた元看護師。エコ活を実践していきながら、人間とか幸せとかを考えていく体験記。

重度心身障害児専門 放課後等デイサービスで働いて③

 

病棟経験が2〜3年あれば、まあ、大丈夫

 

放デイで行われる医療的ケア

  1. 吸引(気管、鼻腔、口腔)
  2. 注入(経鼻、胃ろう)
  3. 浣腸
  4. 導尿
  5. 点眼
  6. 軟膏塗布
  7. 呼吸器管理

7の呼吸器管理は特に知識と経験が必要になってくるが、在宅で過ごしている子どもたちは基本的に状態が安定しているので、基本的な知識で十分対応できる。

 

他のケアも基本を押さえていれば十分。高度な医療的技術を必要とされない。

 

なので、医療的ケア技術の観点から見れば、病棟での経験が2〜3年あれば重度心身障害児の施設でも十分働ける。構える必要はない。

 

重度心身障害児専門 放課後等デイサービスで働いて②

 

人間関係の構築方法は、障害の有無は関係ない

 

重度の障害を持った子どもたちは、たいていの場合

話すことができない。

「じゃぁ、どうやってコミュニケーションを図るの?」

 

 

重要なことは、普段のコミュニケーションで大切にしていることを、その子らと関わる上でも大切にすること。

  1. 無視しない。
  2. 嘘をつかない。
  3. 理解しようと努力すること。
  4. 理解したいという思いを素直に示すこと。
  5. 彼らが大切にしていることを大切にし、彼らが好きなことを一緒に楽しむ。
  6. 根気と時間が必要。

上記のことは、大人同士で良い人間関係を構築する上で重要なこと。

「障害があったら分からないんじゃない?」

いえいえ、彼らは上っ面の人間が分かります。

 

とは言っても、言葉がない分、普段の人間関係よりも時間がかかるかもしれません。

でも、当たり前のことを当たり前にしていれば、おのずと彼らは心をひらいてくれます、絶対に。

 

 

重度心身障害児専門 放課後等デイサービスで働いて①

 

人間の価値は本当に計り知れないことを知った。

 

放デイで働く前は

「納税できない人は、子ども以外生きている価値がない。」

と本気で思っていた。

だから、遠方に住んでいる認知症の実のおばあちゃんも存在価値が分からなかった。

「おじさん、おばさんの手を煩わせて、、、早く天国に行ったらみんなハッピーなのに。」

と実の孫が思っていた。

 

この価値観を、障害のある子とその家族が、ガラリと変えてくれた。

 

重度の障害のある子は、将来働くことはほぼ不可能。

家族や施設の助けを常時必要とする。

一見、「社会の重荷」と感じる。

 

だが、違う。

 

何も悪いことをしていないのに、色々な偶然が重なって障害をもった人生を歩むことになった。

彼らは日常的に身体的な辛さがある。

体を自由に動かせない、呼吸器をつけられている、吸引をされる、浣腸をされる、

ムセやすい、常に痰がからんでいる、常時強い筋緊張状態、、、。

 

けど、彼らは不平不満を言わず、精一杯自己表現して生きている。

 

その生き様が、本当に輝かしく尊い

 

彼らはお金を稼ぐことはできないが、普通に生活しているだけで

感動、元気、笑顔、癒やし、尊さを生み出す。

納税はできないが、人間にとって大切なsomethingをたくさん生み出す。

 

私には絶対できない。

彼らはすごい。彼らを支える家族はすごい。

 

彼らと一緒に過ごした経験は、何物にも変えられない。

これは、関わってみないと分からない。

だから少しでも興味がある人は、彼らと一緒に過ごしてみてほしい。

 

 

 

 

 

 

「粉石鹸暁」使用量の目安&「粉石鹸そよ風」との比較

粉石鹸「暁」

私の使用感的には、35度の残り湯(入浴剤あり)を使用して、43Lに対して粉洗剤70gほどでいい泡立ち加減になっています。

いや、もしかしたら少し入れ過ぎかもしれません。

f:id:kaerimiru-ko:20211210122708j:plain

一面に泡泡泡

 

「暁」はアマゾンで10kg4,600円(送料込)で購入。

計算すると約142回分。1回32円。 

「そよ風」は1回24円。(おおよその計算)

 

ふむむ。

思ったより「暁」が割安でなかったことが判明。

それでも、なんとなく、今後も「暁」を買う気がする。

なんでだろう?笑

やっぱり、あえて「使用目安量を記載しない」心意気に惚れたからかな。

 

 

 

粉石鹸(暁ローブ)の使用

 

意を決して、1ヶ月前より洗濯用洗剤を「粉石鹸そよ風」から「粉石鹸 暁」に変更。

 

f:id:kaerimiru-ko:20211207145038j:plain

amazon で10kg 4600円(送料込)で購入

 

粉石鹸暁のメリット

  • そよ風(ミヨシ石鹸)より石鹸カスが少ない。
  • 洗浄力が高い。使用感的には、「そよ風」=「暁」>液体石鹸
  • エコ活をしている優越感、満足感に浸れる。
  • 匂いが残らず洗浄力が高いので、部分洗いにも適している。
  • 使用説明書に、「残り湯の汚れ具合や温度、洗濯物の汚れ具合によって使用量が異なってくるので、泡立ちで使用量を適宜変更してください。そのため、あえて推奨使用量を書いていません。」というメーカーの気持ちが、細かすぎる世間に日和っていなくて好印象を受ける。

 

粉石鹸暁のデメリット(ほとんど粉石鹸のデメリット)

  • 別容器で粉石鹸を溶かしてから投入する手間がある。
  • たまに石鹸カスが付着している。(原因はまだつかみきれていない。)
  • アマゾンで10kg購入したので使いやすい容器に入れ直す必要がある。
  • 洗濯中に泡の加減をチェックする必要がある。

 

 

 

放課後等デイサービスで働くきっかけ

集中治療室で4年間働いた。

一生懸命働いたが、勉強が足りないのか真面目さが足りないのか

要領が悪いのか分からないが、

なかなか仕事が上手くできず、心身ともに疲れ果てて辞めた。

 

3ヶ月ほど無職で過ごしていると、

暇なことに飽きてきて就職活動を始めた。

 

検索項目は

「パート」:疲れ果てて、フルタイムで働ける自信も意欲もなかった。

「医療行為少なめ」:自分の行為で人に痛い思いさせるのが苦痛だし、重い責任を負うのが嫌になっていた。

「時給高め」:やっぱり時給は高いに越したことはない。

 

そこでヒットしたのが「重度心身障害児専門 放課後デイサービス」であった。

「重度心身障害児」も「放課後等デイサービス」も知らない。

どんな施設なのか全く想像がつかない。

 

障害に興味があるわけでもないし、むしろどう関わっていいのか分からなかった。

接し方がわからないから、関わらない生活を送りたいと思っていた。

 

けど、時給の高さ(2000円/時 交通費実費)に目を奪われ、安易な気持ちで

その世界に一歩足を踏み入れた。

 

4年半、放課後等デイサービスで働いた

看護師として中規模病院の集中治療室で4年間働いた後、

重度心身障害児専門の放課後等デイサービスで4年半働いて分かった

メリット、デメリットを書いていきます。

 

放課後等デイサービスで働くメリット

  • 子どもが可愛い。
  • 子どもなので比較的体重が軽く、腰への負担が小さい。
  • 「障害」とか「幸せ」とか「人間」とかについて考える機会となる。
  • 子供の家族さんとも出会える。
  • 学校の長期休み(夏休み、冬休み、春休み)以外は、午後(例:12時から、14時半から)の出勤が多いので、就業時間が比較的短い。
  • リスクの高い処置がほぼない。(吸引、浣腸、導尿が多い)

 

 

放課後等デイサービスで働くデメリット

  • 看護師としてのスキルアップが難しい。
  • 病院で出会わない疾患が多く、病態生理がつかみにくい。
  • 医師が常駐していないので、看護師が判断、処置の責任を負わなくてはいけない。
  • フルタイムの募集はほとんどない。